代金引換決済での注意事項について

代金引換決済をご希望の方は下記の代金引換決済での注意事項についてをご確認・ご了承の上でご選択をお願いいたします。代引き決済をご希望の全てのお客様にご確認いただいております。文面上、不快なお気持ちにさせてしまうかもしれませんが、何卒ご容赦頂けますようお願い申し上げます。

ご不在の時は

ご不在のためご注文商品をお渡しできなかった場合は、配送会社様より不在票を投函させていただいております。
ご都合の良い日時を、不在票に記載の連絡先に記載の日付より5日以内にご連絡をお願い致します。

長期不在時のご対応について

代引決済での配送の場合、不在時の保管期限は配送会社様の規定により1週間となっております。配送会社様での保管期限を過ぎますと、弊社へ返送されます。
この時点でご注文は「長期不在によるキャンセル」となります。往復の正規運賃と代引手数料等費用の実費をご負担頂くため、ご注文者様へご請求いたします。予めご了承ください。

代金引換のご注文で受取拒否(受取辞退)をされた場合について

お送りした商品につきましてはお客様の責任により必ずお引取りされるようにお願い致します。
正当な理由なく受取拒否をされました場合や、ご連絡をいただけなかった場合は、商品が弊社に返送後、『受取拒否によるキャンセル』とさせていただき、往復分の正規運賃と代引手数料等費用の実費をご請求させていただきます。
ご注文後、発送前にご連絡いただけた場合はキャンセルが可能ですが、商品発送後のキャンセルはお受けいたしかねます。

長期不在・受取拒否キャンセル時の送料ご請求について

※長期不在や受取拒否などにより商品発送後にキャンセルとなった場合、往復分の送料が発生しております。
送料無料での取り扱いの場合でも弊社から配送会社様様へ支払う送料は発生しておりますので、 この場合、往復分の送料と手数料等実費を合わせた金額をご請求させていただきます。

ご連絡が取れない場合、弊社が悪質と判断した場合には法的措置を取らせていただく場合がございます。
代引き決済にて受け取り拒否履歴のある方は、代引きでご注文頂きましても、先振込でのお支払い又はお取引自体をお断りさせて頂きます。
その際には弊社からその旨についてご連絡は致しませんのでご了承ください。

代引受取拒否により発生した送料・代引手数料等をお支払いただけなかった場合について

法的措置にて対応させていただきます。内容証明を送付後、簡易裁判を行い、お支払いいただけなかった往復の送料と、法的措置にかかる経費をお支払いただきます。
  • 内容証明発行にかかる行政書士手数料=5000円程度
  • 内容証明発行料=800円程度
  • 簡易裁判の手数料、簡易弁護料など経費=10万円程度
    悪質と判断した場合、偽計業務妨害・詐欺罪等の可能性がございますので警察に通報致します。
  • 偽計業務妨害は刑法で「三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金」となっております。
  • 詐欺罪は刑法で「十年以下の懲役に処され、犯罪により得たものは没収、または追徴される」また、未遂の場合でも「処罰される可能性」があります。

これらの手続きを踏んだ後、裁判所からの差押さえ等が発生する可能性がございます。
注文時の情報にて証拠が整った状態であるため、内容証明を発行した時点で裁判となることをご了承ください。